Event is FINISHED

【入場無料】情報法制学会主催国際シンポジウム「ブロードバンド品質:計測技術と市場への影響」

Description


 本シンポジウムでは、ブロードバンドの実効品質をめぐる情報環境を改善するための自律的メカニズムを構築するため、技術コミュニティ、ビジネス界、政策担当者がはらうべき努力について議論を行い、効率的なブロードバンド環境の持続的整備を可能にするような政策を「エビデンスに基づく政策形成evidence-based policy making)」に即した形で導入するための基礎的知見を得ることを目指して開催いたします。


1.  主催:情報法制学会(ALIS)

2.  共催:LINE株式会社

3.  後援:総務省

     公益財団法人情報通信学会

     一般財団法人電子情報通信学会

     一般財団法人テレコムサービス協会

     一般財団法人情報法制研究所(JILIS)

4.  事務局:情報法制学会(ALIS)

5.  開催日時:2018623日(土)10:00~18:00(受付開始9:30〜)

※受付はJR新宿ミライナタワー5階にて行います。QRコードをご準備のうえお越しください。受付にて入館証をお受け取りになり15階までお進みください。

6.  開催場所:LINE新宿本社 15階オーディトリアム(東京都新宿区新宿4丁目1-6 JR新宿ミライナタワー)



プログラム

9:30〜 受付開始

10:00〜10:05 開会

・開催趣旨説明 実積寿也(中央大学)

10:10〜10:30 講演1

James MillerAmerican University『欧州・北南米での経験』

10:30〜11:30 基調講演

・Scott Jordan (UC Irvine)『Network Performance Measurement for Purposes of Transparency』

11:30〜12:00 講演2

中川将史(総務省)『我が国におけるモバイル通信の実効速度計測・表示の取り組み

12:00〜13:00 休憩

13:00〜15:00 セッション1

『データ供給者の視点』

モデレーター:James Miller水越一郎(NTT東日本)

パネリスト:

Steve Bauer (MIT)

Bradley Huffaker (Center for Applied Internet Data Analysis, UC San Diego)

・永見健一(インテック先端技術研究所)

・長健二朗(IIJイノベーションインスティテュート)

・西塚要(NTTコミュニケーションズ)

コメンテーター:Scott Jordan

15:00〜15:30 休憩

15:30〜18:00 セッション2

『データ利用者の視点』

モデレーター:福島直央(情報法制研究所)

パネリスト:

・福元徳広(KDDI総合研究所)

・山下克司(日本IBM

・白石雄太(イード)

・佐藤太一(J-Stream

コメンテーター:

・水越一郎

・クロサカタツヤ(企)

・宍戸常寿(東京大学)


プログラム委員(アルファベット音順)

・江口清貴(情報法制研究所/LINE

・石田慶樹(日本ネットワークイネイプラー)

・実積寿也(中央大学)

James Miller (American University)

・水越一郎(NTT東日本)

・永見健一(インテック)

・白石雄太(イード)



本シンポジウムに関するお問い合わせは

alis@jilis.org(情報法制学会事務局)もしくはPeatix内メール機能にて事務局にお問い合わせください。




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#347226 2018-06-21 02:58:18
More updates
Sat Jun 23, 2018
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
シンポジウム参加チケット FULL
お弁当付シンポジウム参加チケット(6/19、12時まで販売) SOLD OUT ¥1,163
Venue Address
新宿区新宿4−1−6 23F JR新宿ミライナタワー Japan
Organizer
情報法制学会
200 Followers
Attendees
65